婦人

トイレ詰まりを改善|原因を知ることが大切

安心と安全を手に入れる

階段の手摺

手すりを取り付けるべきポイント

若い時よりも体力が低下している高齢者の方にとって、「転倒」は命に関わる事もある危険なトラブルです。また些細な転倒をきっかけに骨折してしまう事もありますので、医療費を考えても屋内に手すりを取り付けるようにしましょう。近年では建築した後の家に手すりを取り付けてくれる業者も存在しています。屋内の階段に昇降用の手すりを取り付けた場合、機材代と工事代を合わせて120,000円ほどかかると言われていますので、覚えておきましょう。現在、屋内に手すりを設置する場合、階段だけでなくトイレやバスルーム、玄関など多様な場所に取り付ける方がおられます。ご家庭内の状況に合わせて最適な場所をバリアフリー化するようにしましょう。

機材の種類を選んで安全性を上げる

手すりはほんの一工夫を凝らすだけで、人間の生活の安全性を高めてくれる便利な設備です。室町時代には既に存在していたと言われ、歴史的建造物にも手すりが取り付けられているものがあります。現在の手すりは災害に備えた設備も開発されており、暗闇で自然発光する商品が存在しています。こうした手すりを屋内に取り付けた場合、急な停電で進むべき道が見えなくなっても大変安全です。高齢者の方だけでなく、住人全員にとって嬉しい設備であると言えます。また手すりを取り付ける場合、機材の形状も多様な商品が開発されています。力のない方でも握りやすいように、手すり部分が波型になっているものがありますので、家庭の状況に応じて選んでみましょう。

Copyright© 2016 トイレ詰まりを改善|原因を知ることが大切 All Rights Reserved.